夫婦共働きすると収入は2倍?!

女性が仕事をするのは、決してお金のためだけではないのかもしれません。
しかし、結婚して子どもが生まれると可愛い子どもと過ごす時間や、夫や家族のために使う時間を割いてまでも、仕事に出かけなければならないと悩みを持つことになります。

夫と2人で働けば「収入は2倍になる」と思っている人がいますが、
実家に子どもを預けるならともかく、保育園やベビーシッターなどに頼むと、単純に倍というわけにはいきません。実際に保育料が給料の半分近くも占めていると嘆く人もおります。また、仕事をしていれば通勤着や化粧代、食費なども何かと出費がかさむことになります。いっそ勤めを辞めた方が、お金がかからなくてよいと思う人もいるかもしれません。

しかし、少し視点を変えてみると、働き続けることの利点がわかるのではないでしょうか。
まずお金のことですが継続して勤めておれば、給料は毎年上がりますし、長く勤めていれば退職金も多くなるのが普通です。いったん辞めてしまえば、再就職したとしても最初の就職した時ときと比べると給料は安くなりがちです。パートで働く場合の給料は「正社員の6~7割程度」が一般的です。社員として、働き続けた時との差は歴然となります。今はまだ先の話と思っているかもしれませんが、年金だって長く勤めた方が多くなります。子どもの保育料がかかるといっても、家計を圧迫するのはわずかな期間といえなくもありません。長い目で見れば働くことのメリットは十分あるのです。