就職先は体と相談して決めよう

病院で看護師の仕事をしていると、様々な悩みが生まれてきます。
その中には男女共通のものもありますし、女性だからこそというものもあります。夜勤や残業を入れすぎることによって生活のリズムが狂い、その結果としてお肌の状態が悪くなってしまうという悩みもあります。これは女性に多い悩みです。男性は化粧をすることも基本ありませんし、いくら生活リズムが狂ってもデメリットとして感じる人が少ないです。したがって、夜勤に抵抗を感じる人も少なくなっているわけです。

女の人の場合はそうは行きません。
生活リズムが狂うと肌の状態が悪くなるだけではなくて、生理不順になってしまうこともあります。女性ホルモンのバランスが崩れてしまうと、総合的に体調不良になり、様々な症状が連鎖的に巻き起こることも考えられます。やりがいの強い仕事ではありますが、ハードな分、自分の健康状態を良好に維持することが難しくなるのです。こうした問題を改善するためには、自分で適度に働き方をコントロールする必要があるでしょう。

体力に自信がなければ、仕事内容が比較的軽い施設に就職をするのがベストです。
今の時代は、看護師は病院以外の場所で働くことも可能なので、その点を理解しておきましょう。老人保健施設等で介護士とともに働いていくこともできますし、こうした施設なら勤務時間もある程度は自分でコントロール可能です。小さい施設なら、総合病院や大学病院と比べて、体への負担は少ないです。